新刊紹介

  • 書籍画像

    教職実践演習ワークブック教職編

    • 著者:石野正彦・荒川圭子・小林和之・酒井悟・佐藤賢治・清水雅之・鈴木善士・田邊道行・中野博幸・長谷川敬子・渡辺径子・菊地雅樹・佐藤人志・長沼智之
    • 協力者:金子淳嗣・亀山浩・倉澤秀典・津野治彦・中野英康
    • 発行:平成30年3月31日
    • 定価:本体1,300円+税

    「こんな時,どのように対応や指導をすればいいのかな?」
     学校現場では,日々の教育活動の中で,迷ったり考えさせられたりすることが多くあります。本書は,集団討論や思考ツール等を使い対話的に学べるように構成されています。大学の授業や校内研修等で,本書を活用した演習で,教師としての見方や考え方を広げてみませんか?

    詳しく見る
  • 書籍画像

    「実践力」が育つ教員養成:上越教育大学からの提言4

    • 著者:上越教育大学
    • 発行:平成30年2月28日
    • 定価:本体1,900円+税

    『「思考力」が育つ教員養成:上越教育大学からの提言3』(平成30年1月)の刊行に引き続き、このたび4冊目の『「実践力」が育つ教員養成:上越教育大学からの提言4』を刊行する。4冊目の各論考の構成も、3冊目の各論考の構成と同じく、最初に「実践力」育成の目標をそれぞれ新学習指導要領や『上越教育大学スタンダード』(平成21年3月)等との関わりにおいて位置づけ、次に各教科・各教職科目等で育成してきた内容と「実践力」の関係にふれ、実践の流れを説明した後、本学で作成した「実践力」育成のための手順と評価規準をもとに行った教育実践の成果について記している。
    児童生徒の「実践力」を育てるための指導方略を教員となる学生に修得させようとする本実践もまた、教員としての専門性の高度化を図り、教員養成機能を高めるための一方策として実施したものである。

    詳しく見る
  • 書籍画像

    「思考力」が育つ教員養成:上越教育大学からの提言3

    • 著者:上越教育大学
    • 発行:平成30年1月31日
    • 定価:本体2,000円+税

    本書は、児童生徒の「思考力」を育成するため、本学ではどのような授業を行い、指導方略をを将来、教職に就く学生に身につけさせようとしているのか、その教育実践の姿を本学教員が個別に紹介し、実践レポートの形でまとめたものである。
    本学は、教員としての専門性の高度化が求められる今日、我が国の教員養成の中心的な役割を果たすべく、教員養成機能を着実に高め、我が国の学校教育全体の質の向上をリードしていきたいと考えている。児童生徒の「思考力」を育てるための指導方略を教員となる学生に修得させようとする本実践もまた、教員としての専門性の高度化を図り、教員養成機能を高めるための一方策として実施したものである。

    詳しく見る
  • 書籍画像

    「実践力」を育てる:上越教育大学からの提言2

    • 著者:上越教育大学
    • 発行:平成29年12月18日
    • 定価:本体2,700円+税

    本書は、「21世紀を生き抜くための能力」のうちの「実践力」を育成する方法について考察したものであり、各教科や教職科目等の学習を通して「実践力」を育成するための方法や意義、構成要素等について検討し、具体的な育成手順、評価規準を考えた。平成29年6月に刊行した『「思考力」を育てる-上越教育大学からの提言1-』(上越教育大学出版会)の続編にあたるが、前書の準備段階から「思考力」は「実践力」につながらないと意味をなさないと考えていた。人間や社会のあるべき姿との関連なしには、21世紀を生き抜くことはできないからである。
    「実践力」の育成が一定の方法によって成就されることが理解されるなら、教育現場において本書は有意義なものとなってこよう。本書が今日の教育課題を解決する端緒となれば幸いである。

    詳しく見る
  • 書籍画像

    「思考力」を育てる:上越教育大学からの提言1

    • 著者:上越教育大学
    • 発行:平成29年6月15日
    • 定価:本体2,700円+税

    上越教育大学では、第3期中期目標において、基礎力・思考力・実践力で構成される「21世紀を生き抜くための能力(汎用的能力)」を備え、児童生徒に対しその能力を育成することのできる教員を養成することとしている。また、教員として、豊かな教養、使命感、人間愛等の資質能力をも備えた教員を養成するための教育課程の開発・導入を推進することとしている。
    「21世紀を生き抜くための能力」に関して、その意義や構成要素等について検討し、「21世紀を生き抜くための能力」の育成に、各教科等がいかに資することができるか、特に中核となる「思考力」の捉え方について検討した。本書は、その内容を取りまとめたものである。各教科等における「21世紀を生き抜くための能力」、特に思考力の捉え方は、これからの教員養成における教育課程がいかにあるべきかの根幹となるものである。

    詳しく見る
  • 書籍画像

    教育実習ハンドブック : こんな時は、どうするの?実習の不安、解消します!

    • 著者:石野正彦・倉澤秀典・菊地雅樹・佐藤人志・清水雅之・中野博幸・長沼智之・渡辺径子
    • 協力者:佐藤賢治・鈴木善士・上越教育大学附属小学校・上越教育大学附属中学校
    • 発行:平成29年3月31日
    • 定価:本体1,667円+税

    本書は,国立大学法人上越教育大学で実施している「教育実習」に関する授業などに使用するために作成した「テキスト」です。 従って、他の教員養成大学などで実施されている「教育実習」とは、システムの面で異なる場合があります。 しかし、教育実習をはじめとし、ボランティアなどで学生が学校現場に行くことが多い中、どんな点に配慮して学校を訪問するか、観察や参加をするかなどのポイントは非常に重要です。こうした学校現場での教育実習などに対する配慮事項は、教育実習のシステムが違うからといって変わることはありません。 本書は、教育実習に初めて取り組む学生が、また、教育実習に対する不安を抱えている学生が、少しでも不安を解消し、意欲的に教育実習に取り組むことができるように配慮して作成したものです。

    詳しく見る
  • 書籍画像

    大学生活と健康 : 見直そう日々の暮らし

    • 著者:増井晃 編著 上野光博・野口孝則・留目宏美・池川茂樹 著
    • 発行:平成29年3月31日
    • 定価:本体1,400円+税

    大学生になると一人暮らしやアルバイトなどで生活範囲が拡大し、直面する健康課題も大きく変化します。その大学時代を健康に過ごすためには、これまでに学んだ知識を刷新し、自律した生活を送る実践力を醸成することが必要となります。本書では、大学生として身に付けてもらいたい健康に関する知識を健康・安全・食を中心に項目ごとにまとめました。一般教養としての健康教育に関連する授業を開講している大学は限られていますので、本書を自己学習の教材として活用してもらえると幸いです。

    詳しく見る
原稿募集

上越教育大学出版会では、本学教職員並びに関係者の皆様からの原稿を募集しています。

詳しくはこちら

お問い合わせ

〒943-8512
新潟県上越市山屋敷町1番地
上越教育大学附属図書館内
TEL:025-521-3603
FAX:025-521-3609
E-mail:press@juen.ac.jp


  • 上越教育大学附属図書館
  • 上越教育大学
このページのTOPへ